SSブログ

ザンジバルの潮風に吹かれて

Zanzibar Musical Club.jpg不思議なドキュメンタリー映画です。

ザンジバルのターラブに
スポットをあてたドキュメンタリーなんですけど、
ナレーションがまったく入らないというのが、まず変わってます。
それどころか、出演する歌手や演奏者の
テロップすら出てこないので、
ターラブに詳しい人でないと、出演者が何者なのか、
これじゃさっぱりわかりませんね。

出演しているのは、カルチャー・ミュージカル・クラブ
の面々を中心に、歌手のマカメ・ファキやアミナ、
ザンジバルの人間国宝ともいえるビ・キドゥデ、
さらにモンバサのゼイン・ラブディンも登場します。
80年代末のイギリス、グローブスタイル盤を皮切りに、
ザンジバルのターラブを世界に紹介し続けてきた、
ターラブ研究の第一人者ウェルナー・グレブナーがコーディネイトしたとあって、出演者は豪華版。
これほどのメンバーを揃えながら、この不親切というか、愛想のない作りは、なんなんでしょう。

音楽家たちの日常生活や、ザンジバルの港で魚を売り買いする様子、
街角や道路などの日常風景の合間に、練習場でのリハーサルやコンサートの一部を織り込んだ、
まるでイメージ・ヴィデオのような作りとなっています。
撮影はザンジバルだけでなく、ターラブが盛んなケニヤのモンバサでも行われていますが、
どこがザンジバルで、どこがモンバサか、現地を知る人以外、これではわかりません。

映画の中でも一番の見どころとなっている、アラブ古典詩のカシーダを
パーカッションのみの伴奏で歌うイスラーム芸能のマウリディのシーンも
まったく説明がないため、観客は置いてきぼり状態にされてしまいます。
近年、海外の音楽祭などで注目の集まるマウリディですが、
イスラームの真っ白な衣装をまとった少年たちが、絨毯の上で横一列に並んで座り、
互いに手を繋いで優雅に舞う姿は、さながら蛇がのたうつようで、その美しい舞踊に目を見張ります。
マウリディ・ヤ・ホムは、一説にはインドネシアから伝わってきたとも言われていますが、
その起源は定かでなく、一度は途絶えた伝統が再興されて、
現在3つのグループが存在しているそうです。
マウリディの舞踏を観たのはぼくも初めてだったので、すっかり感激したのですが、
このシーンぐらいは、なんらかの説明が欲しかったところですねえ。

というわけで、ナレーションなし、テロップなし、出演者のセリフもほとんどない、
ないないづくしのこの静かなドキュメンタリーは、ロード・ムーヴィーのようともいえます。
制作者は知識や情報でターラブを理解させるのでなく、
ザンジバルのありのままの日常を見せながら、
ハレとケを対比させるように、ターラブを感じ取ってもらおうとしているのでしょう。
映像は、真っ白な砂浜とマリンブルーの海や、夜のモスク、スコールに沈む街並みなど、
ザンジバルの風物を実に美しく切り取っていて、
なんでもない街角の風景に、思わず旅情を誘われます。

監督はフィリップ・ガスニエとパトリス・ヌザン。
2010年5月、フランスとドイツのテレビ番組「ARTE」で放映。
英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語字幕付。85分。

[DVD] Dir: Philippe Gasnier & Patrice Nezan "ZANZIBAR MUSICAL CLUB"
Buda Musique 860200 (2010)
コメント(4) 

コメント 4

ZawaJawa

情報は少なくても、ドキュメンタリー的にも面白そうですね。
旅情が誘われる映像って良いね。
by ZawaJawa (2011-02-12 21:35) 

bunboni

勉強用のドキュメンタリーだと、一度観て終わりってことにもなりがちだけど、
こういう映像だと何度も繰り返して観たくなりますね。
ザンジバルはぼくにとっても忘れられない場所なので、
ちょっとした街角のシーンに、また行きたいという思いを掻き立てられます。
by bunboni (2011-02-12 22:08) 

asami

こういうDVDがでているとは、知りませんでした。観てみたいです。
ザンジバルの音楽祭、Sauti za Busaraが先週開かれていて、Bi Kidudeは健在のようす。カルチャー・ミュージック・クラブとも一緒に歌うとききました。
by asami (2011-02-14 13:36) 

bunboni

asamiさんご夫婦にお世話になった90年12月、
ザンジバルに3泊したのが、忘れられない思い出です。
あれから20年余、Sauti za Busaraが開かれるまでになるなんて、
想像もしませんでした。ビ婆さんも、お元気そうですね。
by bunboni (2011-02-14 21:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。