SSブログ

小娘モーラム カーオティップ・ティダーディン

Kawthip Thidadin  SAO MORLUM SUM NOI.JPG

ひさしぶりに楽しいポップ・モーラム・アルバムと出会えました。
新人女性歌手カーオティップ・ティダーディンのデビュー作。
タイ最大手レーベルのグラミーが制作すると、
ポップ・モーラムもここまでかっこよくなるという見本ですね。

オープニングのタイトル曲「小娘モーラム」は、
スクラッチやラップも交えたファンク仕立てのポップ・モーラム。
タイ東北部イサーンの芸能のモーラムがここまで都会的になるってのも、面白いじゃないですか。
モーラムの味わいなんか、どこにもないじゃないか、とお怒りのムキもあるかもしれませんが、
地方の民俗芸能モーラムから中央の田園歌謡ルークトゥンに変質して、
タイ全国区ポップスに変貌したこのアルバムの仕上がり、ぼくは支持します。

ヒップ・ホップばかりでなく、レディー・ガガを意識した2曲目など、欧米の流行を取り入れる一方で、
ケーンの響きが故郷を偲ばせる田園歌謡調のバラードや、
ソーをフィーチャーしたカントゥルムを歌うなど、
イサーンに軸足をしっかりと置いている安定感があって、流行に足をすくわれた印象はありません。
スカ調のあげあげナンバーあり、レゲエありと、さまざまな音楽を貪欲に取り入れながら、
すっきりとしたポップスにまとめあげるプロデューサーのセンスは、
かつてのメレンゲの革命児ウィルフレード・バルガスを思わせます。

そしてそんな多彩なプロダクションに、カーオティップ・ティダーディンの歌声がよく応えています。
新人のデビュー作とは思えぬ落ち着きのある声で、
柔らかな色香のある歌いぶりが、おじさんのハートを射抜きます。
デビュー作にしてはちょっと出来すぎの感すらある快作ですね。

Kawthip Thidadin "SAO MORLUM SUM NOI" Grammy G0554030 (2011)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。