SSブログ

ノルデスチ芸能とロックの幸せな結婚 アルセウ・ヴァレンサ

Alceu Valença  CINCO SENTIDOS.JPG   Alceu Valença  ANJO AVESSO.JPG

ノルデスチ・ロック芸人アルセウ・ヴァレンサの80年代前半の3作がボックスCD化されました。
初めてアルセウ・ヴァレンサを聴いて、いっぺんでファンになった
81年のアリオラ盤“CINCO SENTIDOS” もようやくCD化されましたよ。嬉しい~♪

80年代のはじめ、ゼー・ラマーリョ、エルバ・ラマーリョ、ファギネル、アメリーニャといった
ノルデスチ出身の歌手たちが活躍してMPBの一角を賑わせるようになりましたが、
ぼくはアルセウ・ヴァレンサが一番好きでした。

アルセウのヴォーカルはロック世代のセンスそのものといえるのに、
彼の音楽にはノルデスチ芸能がしっかりと染み込んでいて、
ノルデスチ芸人魂を強烈に感じさせるものとなっていたんですね。

突き抜けるようなアルセウの個性的なヴォーカルは、はればれとした自由さに溢れていて、
シャウトしてもぜんぜん重くならない伸びやかさが魅力でした。
今回ひさしぶりに81年作の“CINCO SENTIDOS” と
83年作の“ANJO AVESSO” を聴き直しましたけど、
みずみずしさはまったく変わっておらず、爽やかな印象は昔のままでした。

バイオーン、ショッチ、フレーヴォ、マラカトゥといったノルデスチの多彩なリズムのほか、
ピファノがぴーひゃら鳴り響く曲あり、複弦5コースの北東部ギターのヴィオーラと
ギターとのアンサンブルをフィーチャーした曲ありと、民俗色豊かなサウンドもカラフル。
アルセウの音楽は「ノルデスチ芸能とロックの幸せな結婚」そのものです。

ちなみに、個人的には、81年作と82年作の2枚の復刻だけでよかったんですけど、
ボックスにはオランダ録音の84年作“MÁGICO” もあり。
このアルバムはアルセウのバンド・メンバーのみで録音されているため、
ストレイトなロックぽさが全面に出ていて、ノルデスチ民俗色は後退しています。

Alceu Valença "CINCO SENTIDOS" Universal 04400171752 (1981)
Alceu Valença "ANJO AVESSO" Universal 60253731566 (1983)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。