SSブログ

エチオ・ポップの女王 アスター・アウェケ

Aster Aweke  EWEDIHALEHU  Kabu  Ethiopia.jpg   Aster Aweke  EWEDIHALEHU  US.jpg

そしてもう1枚はエチオ・ポップの女王さま、
アスター・アウェケの24作目となる新作ですよー。
前作“CHECHEHO” から3年ぶり。まさしく真打登場!て感じじゃないですか。
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2011-04-21

アルバム冒頭から、アスター・アウェケならではの個性的な節回しが炸裂。
細い声を自在にコントロールして生み出す、表情豊かな歌いぶりにウナらされます。
ハイトーンを繰り出す発声のキレのよさに加え、
気風よく回すコブシ使いの気持ち良さといったら、もうたまりません。
ソウルフルな歌いぶりにもこの人らしい独自のスタイルがすっかり出来上がっていて、
いやあ、ほんとに円熟したなあ。これぞヴェテランの味わいですねえ。

アスター・アウェケの長年のパートナー、
アバガス・キブレワーク・シオタのプロデュースも、
それぞれの曲の表情を生かしたアレンジを施していて、
今回も聴きごたえのあるサウンドを作っています。
打ち込み主体でも、シオタが作り出すサウンドは、
他のプロデューサーには生み出せないセンスを感じさせますね。
シオタがアレンジした4曲のほか、ヘノック・ネガシュが5曲、
カマズ・カッサが3曲アレンジしていて、
R&Bに接近したサウンドなど、幅のあるプロダクションを実現しています。

内容の充実ぶりに嬉しくなって、アベバ・デサレンと同じく、
ジャケット違いのアメリカ盤も買っちゃいました。
ちなみに、エチオピア盤のバック・インレイには、
“Not for Sale out of Ethiopia” なんて書かれているんですが、
ちゃんとエチオピアのお店から直送されてきたのでした。

Aster Aweke "EWEDIHALEHU" Kabu no number (2013)
左:エチオピア盤 右:アメリカ盤
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。