SSブログ

日本人が現地録音したミャンマーの伝統音楽アルバム

Beauty Of Tradition.jpg

セイン・ボ・ティンに続いて、今回もまたミャンマーの伝統音楽なんですが、
なんとこれは、日本人がヤンゴンでレコーディングしてきたというアルバム。
サイン・ワイン楽団の演奏やパッ・ワインのソロ演奏、18・19世紀の古典歌謡から仏教歌謡、
民間信仰の音楽など、さまざまなミャンマーの伝統音楽を収めたアルバムです。
いずれも一級品といえる演奏がずらり並んでいて、
トップ・クラスのミュージシャンたちを揃えたことがわかります。

なんでも、日本からトランク7個分の機材をヤンゴン郊外の小屋に運び込み、
13年の4月から5月にかけて40日間、毎日レコーディングを重ねたとのこと。
地元の11の伝統音楽のグループが集まって100曲が録音され、
そのなかから厳選された12曲が、本CDに収められたわけですね。
このレコーディングの様子は、ドキュメンタリー映画としても撮影されていて、
この冬公開される予定とのこと。そちらも楽しみですね。

さらに本CDの価値を高めているのが、
ミャンマー伝統音楽の研究者である大阪大学大学院の准教授、
井上さゆりさんの解説が付いているところ。
収録された12曲各曲のジャンルや作曲年代、曲解説が
ごく簡単とはいえ載せられていて、これはありがたい限りです。

なんせミャンマーの伝統音楽については、情報が乏しいなんてもんじゃなく、
ぼくも長年よくわからないまま、手探り状態で聴いてきたので、
少しの解説があるだけでも、大助かりです。

井上さゆり先生の著書も参考にしてきましたが、先生の本はちょっと専門的すぎて、
もう少し概論的な内容を読みたいというのが、本音のところ。
その意味では本CDも、曲解説の前に、
ミャンマーの伝統音楽や古典歌謡についての概説を書いてほしかったなあ。

ともあれ、ミャンマー伝統音楽の素晴らしさを堪能できる本作は、
初めてミャンマー音楽を聴く人にもうってつけのアルバムといえます。
奇しくもいま、Min-On主催の公演「ミャンマー平和の光彩」で、
ミャンマーの伝統音楽家たちが全国ツアーをしている最中で、
今週末の18・19日には、増上寺でミャンマー祭り2014も開催されるということで、
なんだかミャンマーづいている今日この頃です。

「BEAUTY OF TRADITION ミャンマーの伝統音楽、その深淵への旅」 エアプレーン AP1056
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。