SSブログ

ポップ・モーラム清純派No.1 バイトン・チャンガーム

Baitong Channgam  PLIENG KWAM SONG SARN PEN HUG DAI BOR.jpg   Baitong Channgam  PLIENG KWAM SONG SARN PEN HUG DAI BOR  DVD.jpg

YouTubeでルークトゥン歌手の最近のPV、じゃないか、
カラオケ・ヴィデオをあれこれ見ていたら、
好みのポップ・モーラム・シンガーを見つけました。
ターイ・オラタイによく似たルックスの美人さんです。

歌の方もターイ・オラタイ似の、しとやかな歌いぶりを聞かせる清純派なんですよ、この人。
冒頭3曲はルークトゥンなんですが、4曲目以降はすべてポップ・モーラム。
ヴィデオを見ると、伝統衣装やかわいいコスチュームを身に着けて、
野外のさまざまなロケーションで歌っています。
バイトンのバックで10人くらいの女性ダンサーが踊っているんですが、
これが揃いも揃って全員美人。スタイルもバツグンで、観てるだけで眩暈がしてきます。
9曲目の“Sai Tah Pah Kid Hod” なんて、これ観て、ぽぉーっ♡としないオトコはいないでしょう。
男子必見ヴィデオであります。

バイトンの経歴はよくわからないんですが、
田園風景を舞台にしたヴィデオなどから察するに、イサーン出身者でしょうか。
そして最新作以上に素晴らしくてカンゲキしてしまったのは、デビュー作の方。
ジャケットは、イサーンから大都会バンコクに出てきた田舎娘という設定でしょうか。

Baitong Channgarm  KOR PEN EAK KHON…TEE KID HORD.jpg

こちらは全曲ポップ・モーラムで通していて、ルークトゥンは味付け程度といった按配。
バックも13年作の方は、チープなシンセがやや耳障りでありましたが、
サウンドの彩りはこちらの方が良。
ラストの10曲目では、ピンとケーンのみをバックに本格モーラムを歌っていて、
モーラム歌手としての実力をしっかりと聞かせてくれます。

バイトンの繊細なこぶし回しには、詩的な美しさがありますね。
歌謡歌手に付きものの俗っぽさを、きれいさっぱりと洗い流したような清廉さを感じます。
控えめな歌いぶりは、押し出しが弱いともいえますが、ぼく的には好感度高し。
すっかりファンになってしまいました。

Baitong Channgam "PLIENG KWAM SONG SARN PEN HUG DAI BOR" DJ Group no number (2013)
[DVD] Baitong Channgam "PLIENG KWAM SONG SARN PEN HUG DAI BOR" DJ Group no number (2013)
Baitong Channgam "KOR PEN EAK KHON…TEE KID HORD" DJ Group no number (2010)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。