So-net無料ブログ作成

フランス領ギアナのマルチニーク人シンガー ムリエール・フレリアグ

Murielle Fleriag  TOLOMAN.jpg   Murielle Fleriag  TRANSPARENCE.jpg

うわー、ごぶさたー! 
ムリエール・フレリアグ、今も歌ってたんだぁ。

フランス領ギアナの女性シンガーなんですが、ご存じでしょうか。
二十年ぶりにCDを見ましたけど、2年前に出ていたようで、これが4作目だそうです。
この人を知ったのは、95年のデビュー作“TRANSPARENCE”。
ズークというふれこみでしたけれど、エレガントなビギンも多く歌っていて、
アクースティックな音づくりとジャジーなムードに、いっぺんでファンになりました。

経歴が変わっていて、生まれはマルチニークながら、
フランス領ギアナへ渡り、長らくピアノ・バーで歌ってきたシンガーなんですね。
ジャジーな味わいは、クラブ・シンガーのセンスなのかもしれません。
フランス領ギアナという地の利のなさゆえ、知名度こそないものの、
歌手としての魅力は、エディット・ルフェールにも劣らないとぼくは思っています。

本作のプロダクションも、ストリングスをシンセで代用するなど、
予算をかけられないウラミは残るものの、
エレガントなビギンのメロディ、とろけるようなムリエールの歌い口は、
エディット・ルフェールを思わすところがあります。

デビュー作のちょっとクセのある声質も、
円熟してビター・スウィートないい味わいになりましたね。
パーカッションとコーラスをバックにしたベレなども歌っていて、
よりマルチニークの伝統寄りなサウンドも楽しめる本作、お気に入りとなりました。

Murielle Flériag "TOLOMAN" no label no number (2013)
Murielle Fleriag "TRANSPARENCE" MCA Production MDF13078 (1995)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。