SSブログ

コソボのダンス・ポップ エドナ・ラロシ

Edona Llalloshi  LIVE.jpg

コソボのシンガーを聴くのは、初めてですねえ。
かの地では大スターのようですよ。
ウィキペディアのページがちゃんとあって、
79年コソボの首都プリシュティナ生まれ。
アルバニア語で書かれているところは、どうやらアルバニア系のよう。

アルバニアといえば、以前ポニーを取り上げましたけれど、
https://bunboni58.blog.ss-blog.jp/2019-10-04
偶然にもポニーの旧作と一緒に、エドナ・ラロシの本作を買ったんです。
以前ポニーの記事を、「アルバニアのポップ・フォーク」と題しましたけれど、
両者を聴き比べてみると、コソボのエドナ・ラロシの方が、
むしろポップ・フォークらしい音楽性が強く感じられますね。

ハリと潤いのある声が、素晴らしいじゃないですか。
きりっとした歌いぶりがダンス・ビートによく映えます。
こぶし使いも巧みですけれど、抑制が効いていて、
セルビアのシンガーのように姉御肌になることはなく、
憂いのある色気を漂わせて、オトコごころをくすぐります。

観客と一緒に片腕を上げているジャケットの『ライヴ』のタイトルは偽りありで、
内容はライヴにあらず。
全14曲をメドレーにして、最後までノン・ストップで突っ走ります。
打ち込みをベースに、ダラブッカなどのパーカッションがビートを強化し、
曲のつなぎをクラリネット兼サックス奏者が担って、
バルカンのサウンドを強調しています。

プロダクションはシンプルというか、低予算な作りですけれど、
それがまったくマイナスになっていないのは、リズムがよく弾けているから。
リズム・チェンジで巧みに変化をつけたアレンジがよく練られていて、
一瞬たりとも飽きさせずに、40分17秒をグイグイ惹きつけられますよ。

一緒に買ったポニーの15年作は、新作からはだいぶ聴き劣りしたので、
エドナの新作も聴いてみたいなあ。

Edona Llalloshi "LIVE" Eurolindi no number (2012)
コメント(2) 

コメント 2

戸嶋 久

新作というと、2020年とのクレジットのある『Akustike Ne Karantine』のことでしょうか。ジャケットの雰囲気もガラリと変わり、アクースティック・サウンド中心のしっとりバラード路線で、アダルト系。ダンス・ポップな『Live』よりずっといいように感じました。
by 戸嶋 久 (2021-04-18 19:05) 

bunboni

そうなんです。
このアルバムとはがらっと変わっていて、いいんですよね。CD入荷待ちです。
by bunboni (2021-04-18 19:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。