SSブログ

デンジャラスな才能 ジェイムズ・フランシーズ

James Francies  PUREST FORM.jpg

とてつもないもん、聴いちゃった。
ブルー・ノートが送り出した新進ピアニスト、ジェイムズ・フランシーズの新作。
すんげぇーぞ、コレ。
ジャズ新世代のスゴさをまざまざと見せつける、トンデモ級の衝撃作です。

飛び出してくる音楽のハイブリッドさに、脳ミソが沸騰しました。
演奏されているのは、まぎれもなくジャズなんだけど、
ビート・ミュージックのようだったり、弦楽四重奏のクラシカルな演奏が出てきたり、
サウンドのテクスチャーが、いわゆるジャズを完全に逸脱していて、
なんと形容したらいいのか、戸惑うばかりです。

最初はただただ圧倒されてしまったんですけれど、
5・6回聴いたあたりから、ようやくこの音楽を語る言葉を、
少しずつ考えられるようになってきました。
オープニングの短い曲から、はやこの人の得体の知れなさが炸裂します。
コマ落としのフィルムのような、歪んだサウンドスケープを描く
幻想的な鍵盤の演奏に、女性のナレーションがのっかるトラック。

なにやら不穏なムードに包まれていると、一転、
EDMのマシン・ビートのようなドラミングが突進する、激烈なトラックに移ります。
バッキバキに尖ったビート・ミュージックを、人力のドラムスがトレースするかのような
ジェレミー・ダットンのドラミングが、もう凄まじいったらない。
ビートはジャストでも、リズムにズレを生じさせるそのドラミングは、
いったいどういう構成になっているのか、何度聞いても謎すぎてよくわからん。

さまざまなリズム・フィギュアを駆使して、グルーヴを構築しているようで、
主役のジェイムズ・フランシーズは電子的なエフェクトも多用して、
激しく自己主張する濃密なソロを聞かせます。
リーダー作では、コンポジションとアンサンブルを重視したパフォーマンスに徹する
ヴィブラフォンのジョエル・ロスとアルト・サックスのイマニュエル・ウィルキンスも、
ここではインプロヴァイザーとしての実力を100%発揮していて、もう、ちびりそう。

ジェレミー・ダットンにせよ、ジョエル・ロスにせよ、イマニュエル・ウィルキンスにせよ、
ジョエル・ロスの2作では、こんなスゴイ人たちだとは気付かなんだ。
ところが、そうした即興もサウンドスケープのなかに回収されるので、
いわゆる弾きまくり/吹きまくりの印象を残さないところが、新しい。

そのハイライトが ‘My Favorite Things’ でしょう。
こんな ‘My Favorite Things’ 聴いたことない!
原曲にさまざまなリフやメロディをアダプトし、リズムも解体しまくり、
サウンドの洪水と化した演奏は、もうトンデモないことになっています。

トラックごとに、サウンドのカラーを際立たせる音響処理を施したミックスが、
この作品のキーとなっていますね。
ヴォーカルをフィーチャーしたトラックから、エフェクトを施したピアノだったり、
さまざまなエレクトロを駆使したサウンドが、奥行き深い響きを伴っていて、
慎重に調整されているのがわかります。
エネルギッシュな即興演奏のダイナミズムを倍加させているのも、
そうしたミックスの効果でしょう。

コンポジション、アレンジ、インプロヴィゼーション、ミックスのすべてに新しさがあり、
それを生み出しているのが、ジャズ、クラシック、ロック、R&B、ヒップ・ホップ、
ビート・ミュージック、アンビエントから学び取った、音楽教養の幅広さと深さ。
新世代の才能が、これほどまばゆく見える作品はありません。
未聴のデビュー作もさっそく聴かなくっちゃ。
ジェイムズ・フランシーズ、末恐ろしきデンジャラスな才能の持ち主です。

James Francies "PUREST FORM" Blue Note B003362402 (2021)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。