SSブログ

最近の南ア新作から マフィキゾロ、タンディズワ、ゾンケ

「ミュージック・マガジン」6月号に載った石田昌隆さんの南ア・レポートを読んでいて、
最近ちっとも南ア音楽を聴いてないことに気付かされました。
んじゃ早速と、記事に出ていたマフィキゾロ、タンディズワの新作と、
ゾンケという女性シンガーのアルバムをピックアップ。
もう一人、パツーマという女性シンガーについても書かれていたんですけど、
この人のアルバムは見つかりませんでした。

Mafikizolo  REUNITED.JPG

“SIBONGILE”(02) “KWELA”(03)の二大傑作を残した
マフィキゾロの久々の復帰作“REUNITED”(13)は、
総天然色のレジャーランド仕立てなジャケットそのままのポップ・アルバム。
かつての名歌手レッタ・ンブルを思わす、おおらかな南ア・ポップぽいメロディが出てきたり、
60年代を回顧するようなトラックには心躍らされます。
でも、全体的には無機質な四つ打ちが耳残りする、相変わらずのクワイト・サウンド。
“Happiness” という曲では、タイトルとウラハラの絶望感漂うグルーヴに、
南ア社会の歪みを感じさせずにはおれません。
クワイトのサウンド・テクスチャーは、デジタル過剰な80年代末のズークにも似ていて、
正直このエレクトロな音には、もう飽きたなあ。

Thandiswa  IBOKWE.JPG

タンディズワの新作は、社会批判を戯画化したようなアートワーク。
メッセージ性の強いアルバムなのかもしれませんが、
歌いぶりはボンゴ・マフィン時代から変わらぬポップ・シンガー然としたもので、
その歌にレベル・ミュージック的な強度はまったく感じられません。
ベースが暴れるンバクァンガ調の曲があったりして、
マフィキゾロのクワイトの後で聴くと、生演奏のサウンドにはホッとしますが、
南アの伝統唱法を使って歌ってみても、タンディズワのヴォーカルの線が細すぎて、
南ア音楽の持つ逞しさが感じられないのは、残念至極。

Zonke Ina Ethe.JPG

う~ん、どうも決定打に欠けるなあと思っていたら、
初めて聴いたゾンケというシンガーが、目の覚めるような大当たりアルバムでした。
南アにこんな魅力的なネオ・ソウルがあったとはびっくりです。
ジャジーにしてクール、アーバンなメロウ・サウンドの洗練度合いはただごとじゃありません。
デヴィッド・T・ウォーカーに影響されたギターやスウィートな女性コーラス、
控え目なストリングスも贅沢なクロスオーヴァー・サウンドにもうメロメロ。
M10のアフロビート、M11のレゲエのリズム・アレンジも鮮やかです。

そんなソフィスティケイトされた生演奏をバックに歌うゾンケ・ディカナも、相当に魅力的。
さらりと吹き抜ける涼風のような歌いぶり、ふわりと軽やかな歌声は耳に優しく、
いつのまにか胸に取り付いて、離れることがありません。
ぼくの大好きなインディ・ソウルの女性シンガーで、UKバーミンガム出身、アトランタで活躍する
ジュリー・デクスターという人がいるんですけれど、ゾンケはジュリーによく似ています。
せつなく、狂おしい感情を胸に押し込めた楽曲にも、泣けてしまいます。

ここまで書けばおわかりかもしれませんが、音楽性に南ア色はまったくありません。
ていうか、これを聴いて南アの音楽とわかる人なんて、まずいないんじゃないかな。
コサ語と英語の両方で歌っているので、耳のいい人ならコサ語の吸着音に気付くかも。
全曲作詞作曲、しかもプロデュースまで務めるという
ゾンケ・ディカナ嬢、たいへんな才媛です。
Pヴァインかスウィート・ソウル・レコードあたりの目(耳?)にとまれば、
日本盤リリース間違いなしの逸品でしょう。

Mafikizolo "REUNITED" Universal CDRBL694 (2013)
Thandiswa "IBOKWE" Gallo SHELT006 (2009)
Zonke "INA ETHE" TMP TMP002 (2011)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。