SSブログ

ギター・ソロで新境地を見せたリオーネル・ルエケ

Lionel Loueke  HH.jpg

この人については、これまでクサしてばっかりだった気がしますけれど、
ハービー・ハンコックをカヴァーした新作には、完全脱帽。スゴイです、これ。

ハービー・ハンコックは、リオーネルをフックアップした師匠。
その師匠の名曲名演を演奏して、いわば恩返しした新作なんですね。
これほど独創的なハンコックのカヴァー・ヴァージョンは、聞いたためしがない。
リオーネルがギターを多重録音した、超個性的なギター・ソロ・アルバムなんですが、
最初聞いた時は、ただただ絶句してしまいました。

1曲目の‘Hang Up Your Hang Ups’ から、ひっくり返っちゃいましたよ。
74年の”MANーCHILD” で初演、”FLOOD” や”V.S.O.P.” のライヴ・バージョンもあり、
特に後者のワー・ワー・ワトソンとレイ・パーカー・ジュニアによる
ツイン・ギターの名演が忘れられないんですが、
あのイントロを1台のギターで鮮やかに再現しているのには、舌を巻きました。

ベース・ラインとリードの装飾の対比、リズム・ギターのパターンに差し挟まれる
タップのパーカッシヴなアクセントと、ヴォイス・パーカッションが、もう絶妙です。
あのアンサンブルのグルーヴを、ギター演奏だけで出せるなんて。
ハーモニクスを織り交ぜたり、ボディをパーカッションのように叩くプレイなど、
技の繰り出しがハンパない。

一方、‘Tell Me A Bedtime Story’ では美しいアルペジオが抒情的なハーモニーを奏で、
エレガントなメロディをギターのラインと並走するヴォイスが夢見心地に誘います。
‘Actual Proof’ で聞かせる、一部の弦を極端に緩めてビビリ音を出すアイディアは、
まるでプリペアド・ピアノのギター版のよう。
オリジナルのジャズ・ファンクのグルーヴを生まれ変わらせていて、これにもウナりました。

‘Butterfly’ の魅力的なメロディを、リオーネルのヴォイスでストレ-トに表現する一方、
リズムの方はさまざまに変化をつけるアレンジが施され、
がくがくとしたアクセントが付くかと思えば、
規則的なシンコペーションのリズムに変わったり、
次々とリズムが変化していく面白さが聴きものです。
‘Rock It’ のエフェクト使いにも、うわははは。
オリジナルを悪戯したようなアイディアが効果的。

リオーネルのオリジナルも2曲あり、
アルバム・ラストの‘One Finger Snap’ で、電子音のようなエフェクトをかけた
ギター・サウンドがループを作りながら、さらに別のループを作り出す
インプロヴィゼーションの構成にはマイりましたね。
これが、あの構成力もなければ、アイディアもヒラメキもないソロを弾くギタリストと
同一人物とは思えないほど。
う~ん、リオーネルを見直しました。

Lionel Loueke "HH" Edition EDN1161 (2020)
コメント(4) 

コメント 4

ペイ爺

その昔、矢島正明のミュージック・スコープ、というFMラジオ番組があって、70年代は毎晩の様に聴いてたんですけど、そこで初めて”MANーCHILD”や、“Feets Dont Fail Me Now”、Santanaとやった“MONSTER”の“Saturday Night”等を聴きました。

中でも特に“ニューポートの追想”でV,S.O.P,の“The Eye of the Hurricane”をこの番組で初めて聴いた時の衝撃は忘れられません。当時SJ誌で油井正一がこの演奏を絶賛し、これのみであれば、という様な但し書きで☆5を献上した(アルバム全体としては確か☆4だったかな)ことも鮮明に覚えています。「アスペクト・イン・ジャズ」も毎週聴いていました。

懐かしいな~。

自分にとって70年代のHHってWRとは対照的に「夜のイメージ」が強く、例えば”MANーCHILD”の“Sun Touch”を聴いていると、夜の静寂の中に浮遊感もありつつ、ふと気付くと深く深く沈み込む様な、闇に引き込まれて行く様な感じで今でも夢見心地になるんですよ。あの頃を想い出すんです。

Lionel Louekeのこの新作、確かにイイですね、HHの音楽の素晴らしさを別の角度から明らかにしてくれた、優れたカヴァー曲集だと素直に思いました。

by ペイ爺 (2020-11-13 01:31) 

bunboni

思い出しました、油井評。
ぼくは全く逆で、1枚目は60年代懐古に過ぎず、2枚目のブラック・ファンク/クロスオーヴァーを絶賛してました。
とうようさんは、どっちもボロクソでしたけど(笑)。
by bunboni (2020-11-13 07:29) 

戸嶋 久

リオーネルのオリジナルは「Voyage Maiden」と「Hommage to HH」の二曲だと思うんですけど、CDにはひょっとしてボーナス・トラックとかあるのですか?
by 戸嶋 久 (2020-11-13 08:43) 

bunboni

すみません。2曲の書き間違いでした。修正しました。ご指摘ありがとうございます。
by bunboni (2020-11-13 12:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。