SSブログ

グルーミーなロンドンのメランコリー アルファ・ミスト

Alfa Mist  BRING BACKS.jpg

ジャズ・ピアニストで、ヒップ・ホップのMCで、シンガー・ソングライターという、
いかにも今のロンドンを象徴する音楽家のアルファ・ミスト。
新作はアンタイからで、CDもちゃんと出るというので、楽しみにしていました。
前作も前々作も、CDは日本盤でしか出なかったもんなあ。

UKジャズ・シーンのど真ん中にいる人とは違い、
トム・ミッシュやジョーダン・ラカイといった音楽家との共演など、
ポップ・シーンに寄せたフィールドで活躍する音楽家ですよね。
イギリス人には珍しくロバート・グラスパーに強く影響を受けたピアニストで、
ジャジーなネオ・ソウル・サウンドや、J・ディラのよれたビート使いは、
もろグラスパー・マナーといえます。

オープニングのフュージョン調のトラックに続き、
オーガニックなフォーキー・テイストのネオ・ソウル、
さらにジャジー・ヒップ・ホップと、
曲ごとにさまざまな音楽性を表出しながら、
アルバム全体をメランコリックなトーンでまとめ上げています。
グルーミーなムードが、いかにもロンドンらしくて、
このムードは、US産からはぜったい生まれないものでしょう。

ビル・エヴァンスを思わす美しいハーモニーのピアノや、
温かなローズのサウンドに絡んでくる、ジェイミー・リーミングの
キラキラしたアルペジオやオブリガードが効果的。
リチャード・スペイヴンのシャープなスネアが生み出す、
生演奏ならではのタイム感にウナるトラックもあれば、
ビートメイキングがクールな音像を結ぶトラックもあります。

ラップばかりでなく、ポエトリー・リーディングもフィーチャーされ、
クラシカルなチェロの室内楽演奏が登場するなど、おそろしく密度の濃いサウンドが
次々と展開していくにもかかわらず、そんな場面変化を意識させない
聴きごこちの良さが、本作最大の美点。
多彩な音楽要素をひと色に染め上げるプロデュース力は、スゴイですね。

ジャケット画のカーペットを敷き込んだ階段に、
31年前、ロンドンでひと月ほど滞在していたホスト・ファミリーのおうちを
思い出しました。今年の梅雨時の、良きBGMになってくれそうな一枚です。

Alfa Mist "BRING BACKS" Anti 87789-2 (2021)
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。