So-net無料ブログ作成

海のシルクロード歌謡 ア・カディール

A. Kadir & O.M. Sinar Kemala  KEAGUNGAN TUHAN.jpg   A. Kadir & Orkes Gambus Sinar Kemala  MAULUD NABI.jpg

かつて『オリジナル・ロード・トゥ・ダンドゥット』(オルター・ポップ)で、
単独盤リリースの告知をされながら実現しなかったア・カディールが、
インドネシアでCD化されました!
ただしディスクはCD-R、インレイもインク・ジェットのプリンター出力という
家内制手工業製品ですが、ロカナンタ社によるCD化なので、
マスターからちゃんと起こしていて、音質はバッチリです。

いやー、嬉しい。ア・カディールのカセットは、聞かせてもらったことはあるものの、
カセット買わない主義のため手元にはなく、
CD化しないかなあと願い続けて四半世紀。ようやっと、であります。

インドネシア現地でこのCDを買付けてきたプランテーションの丸橋さんによれば、
ジャカルタはおろか、ジョクジャやソロのCDショップにも置いてないそうで、
なるほどこのお手製の作りでは、ロカナンタ直売というのもナットクがいきます。
よくぞ見つけ出して買付けてくれました。ありがとうございます。

O・M(オルケス・ムラユ)・シナール・クマラとのCDは、
サンディーも『アイルマタ』でカヴァーしたイダ・ライラの大ヒット曲
“Keagungan Tuhan” を1曲目に、魅惑のムラユ歌謡がぎっしり詰まった名盤。
う~ん、蕩けますねえ。
イダ・ライラの飾り気のない少女声がなんとも愛らしくて、ゾクゾクしてしまいます。
バック・インレイには18曲目までしか表示がありませんが、19曲収録されています。

もう1枚、オルケス・ガンブース・シナール・クマラ名義の方は、
アラブとラテンとインドがミクスチャーした、ターラブそのものといってもいい音楽。
15曲クレジットされていますが、収録されているのは14曲のみ。
ストリングス・セクションも付いた大編成楽団というのも、
ザンジバルのターラブ同様で、海のシルクロード歌謡を堪能できます。
オルケス・ムラユでポップスを演奏していたメンバーが、
一方ではオルケス・ガンブースを名乗る楽団でアラブ音楽の色濃い曲をやっていたわけで、
ちょうどキューバ音楽のソンのグループが、
別名義でグァグァンコー(ルンバ)をやっていたのと同じですね。

こちらでは、ムスリファ・トヒールという女性歌手のねっとりとしたコブシ回しが
アラブ風味を濃厚に伝えていて、たまりません。
インド洋を航海しながら、寄港地の文化を複雑に織り込まれた芳醇な音楽、
その味わいに眩暈がしそうです。

A. Kadir & O.M. Sinar Kemala "KEAGUNGAN TUHAN" Lokananta CDI075
A. Kadir & Orkes Gambus Sinar Kemala "MAULUD NABI" Lokananta CDI076
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。